www.wesafarimusic.com

予想外に突発的に出会うのが自動車事故です。この場面でどう行動した内容が要因となり保険料の支払額もかなり異なる状況もありますので冷静な判断と対応力が大切です。思っていない状況に遭遇して冷静さを失ってしまったら状況を忘れてしまい後で自分がかなりの損をしてしまう場合もありえるので交通事故をしてしまった場合は適切に次に述べる対処をしましょう。自動車の事故をしてしまった場面で第一にするべきは負傷者の有無を確認する必要があります。車の事故後すぐは何も出来ない状態になってしまう場合があり直ちに行動を起こせないのが一般的です。負傷者がいたならば危なくない場所に移して処置を行って119番通報するなどして負傷者第一に努める必要があります。救急車を呼ぶ場面では正しい現場を知らせて不確かな場合には周りの目立つお店や番地名を連絡し事故が発生した地点が分かってもらえるようにします。次に警察に連絡し、自動車の事故を起こしてしまった事そして現状を説明します。救急車とパトカーが来るのを待つ間に事故相手の内容を確かめます。氏名、住んでいるところ、TEL番免許証番号、ナンバープレート、相手側の保険の会社名と言った相手だけでなく自分の身元を伝えます。この場面で相手側にミスがある場合には、その場で結論を出そうとすることがありますがその場所で結論を出すのではなく、どんなケースであっても警察署や保険の会社に報告して、公平にチェックしてもらう事が必要です。関係者の連絡先をやり取りしたら他の交通のじゃまになるのを避けるために障害物を道から取り去ります。どうしても邪魔な物が通りかかった人の交通の邪魔となっている場合は、相手と自分の情報の交換をする前にこの対応を行っても構いません。次に自身が入っている保険屋さんに電話を入れ交通事故が起きた事を告げます。交通事故から一定の期間内に車の保険会社に報告していないと、自動車での事故の保険の適用除外となるケースもあるので可能な限り速やかに行動することが必要です。可能であれば事故内容の形跡としてデジカメや携帯のカメラなどを使って事故や車の破損の様子が分かる写真をを撮ります。それは過失の割合決める際に重要なデータとなるので己の愛車や先方の自動車の壊れた箇所をしっかりと証拠に残しておきます。この場面で第三者がいたとしたら警官の方が自動車保険会社の人が到着するまで事故の現場に待機して頂けるように話しておくことも忘れないようにしてください。